思考

2017-10

ゾンビ・アット・ホームとかいうドラマで・・・

全く興味がなかったので見ようと思わなかった英国ドラマ

『ゾンビ・アット・ホーム(原題:In The Flesh)』

20151218.png


チャンネルサーフしてて、ちょうど私の見た場面が
私の邪モードにがっちりはまった。

主人公らしき青年キーレンは自殺したらしいが、その原因が
リック(♂)が別れも言わず去っていき戦死してしまったからだと。

その場面だけでははっきりとは言わなかったけど、この二人は
付き合ってたのね!と思わざるを得ないような会話。

さすがイギリス!(どいうこと?w)


そして翌週、次の番組見ようとチャンネル回したらまた
『ゾンビ・アット・ホーム』が放送してて終盤だった。

ある男が公衆電話で最初の復活者をみつけたとか言っていた。
なんのこっちゃ、と思いながらそのまま見てたら、その復活者の
形容を「美しい青年だ」と口にしていた。

えっ!? こんなゾンビドラマでそんな形容詞あり?
っていうか私の邪アンテナがビンビンなんですけどw

さすがイギリス!


英国モノって彼らは意図してないだろうけど腐女子を喜ばす
のが多いよねw

んなわけないのに

駅の構内で宝塚歌劇のポスターを見たときにドキッとした。

舞音(MANON)ってやつ。

通りすがりに見て「男(役)同士!?」って思って二度見したよw
20151216a.png

いやいやありえないから。
宝塚のポスターはいつも男女がメインじゃん、とツッコミ。

遠目に見るとちゃんと男女に見えるんだけど・・・。

yaoiに飢えてんの?私w

エルトン・ジョンが結婚!?

エルトン・ジョン、男性パートナーとようやく結婚できたんだね~。

イギリスってとても保守的だから、同性婚が可能になる法律が
出来たのはスゴイことよね。

おめでたい♪

堂々と・・・それも・・・

帰りの電車の中、前に立っていた女性の手元が見えた。

スマホで小説らしきものを読んでるらしい。

その時見えた文字が「マイクロフト」「レストレード」。

おっと、シャーロックの小説か?
っていうか、二次小説っぽい。



・・・・・いや、BL(ボーイズラブ)だ!!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

うっそーっ
堂々と読んでるで・・・(@_@;)
意外と丸見えなんだけど・・・

さらに驚いたのは、マイクロフトとレストレードのカップリングだ。
そのカップリングは見たことなかったぜ・・・・( ̄- ̄;)


たった一駅間の出来事だったけど、衝撃だったわ。。。

ファンの皆様ごめんなさい

世間では羽生結弦フィーバー(死語?)

若いせいかまだ幼さが残る顔立ちで線は細い。

海外のTV番組(去年のブリティッシュ・ユーロスポーツ?)で
プルシェンコがベタ褒め

ソチでは「今は羽生結弦が私のヒーロー」(うほっ)

ツイッターでもプルシェンコに「私のアイドル」と言わせるなんて
腐女子心をくすぐるわ~w

かわいいしねぇ~



あの皇帝プルシェンコが認める『ゆずるーはにゅー』
おっさん臭くならないでぇ~



ところで、メダル授与式で、外人の言う『ゆずるーはにゅー』
の「は」がフランス語の発音に似てると思ったのは私だけ?

日本語の同人誌

こないだ、初めて海外の同人誌を手に入れた

ま、これはダウンロードタイプだったので、紙媒体じゃ
ないんだよね。



こないだからBBC版シャーロックの二次ものを漁ってたら
興味を引いたものがあった。

んで、よく見たらチラ見せだったので、全部読みたけりゃ
同人誌をどうぞ、というものだった。

ん~、と悩んだ挙句、買ってみることにしたw



国内の同人誌って高校生のときに買ったっきりで二十▲年ぶり!

サイトを見ると、きちんと製本されてないような気もするけど、
まぁいいや。届くのが楽しみだわ・・・。

現代版シャーロックで探すが・・・

休みが今日で終わる。

休み最終日の今日は家でゴロゴロ。

久々にslashでも漁ろうかな~、なんて。



そういや、現代版シャーロックで萌え燃えだったことを
思い出して二次創作物を探してみた。



海外よりまず国内。
しかし、探し方がまずいのか、うまくヒットしない。

シャーロキアンじゃないが、グラナダTVバージョンのドラマは昔全部見た。

グラナダTVの方は妄想も発生しなかったけど、BBCの方では妄想が爆裂w

腐女子のシャーロキアンはホームズ受けが多いのだが、BBC
のやつが放送された後はどうやらワトソン受けが増えた模様。

私もBBCのジョン・ワトソンにズギュン

なので、ジョン受けを探すんだが、短時間では大量に釣れない。
腰を据えて取り掛からないとw

デクスター

遅ればせながら『デクスター 警察官は殺人鬼』ってドラマを
最近ちょくちょく見始めた。すでにシーズン7だけどw

クレイジーな設定でクレイジーな展開だけどなんとなく観てしまう。



こないだもいつものように連続殺人が続くのかー、と思って見てたら
意外な展開でビックリ! まさかこのドラマで!?って。



悪者アイザックが部下で警官殺しのビクターを愛してたから
ビクターを殺して海に沈めたデクスターに復讐したかったらしい。

萌え

買ってしまった相棒のDVD

こないだ買った相棒のDVDはシーズン2のBOX後半だけ。
IMG_0962a.jpg

というのも・・・・




相棒 シーズン2の第18話

題名はピルイーター。

この結末に度肝抜かされたのは腐女子のみならず( ̄ー ̄)。




もともと二時間ドラマだった相棒(十数年も前!)を見ていたので、惰性で
一時間ドラマを見始めたのだが、シーズンを重ねるごとになんかイヤに
なってきて今では全く見ていない。


しかし、シーズン1や2の頃はリアルタイムで毎回見ていた。


普通に刑事ドラマとして面白かったのもあったけど、官房長官と
主人公の奇妙な関係が、腐女子の邪な心をくすぐったの。

その上、鑑識の米沢がいい味出してて好きだった。




当時、いつものように見ていた第18話。

いつもポリポリと何かを噛み砕いている大河内監察官が私には
悪人っぽく見えていた。

彼が部下の死に対して疑問を抱いて右京に捜査依頼。
「やつが女と心中するとは思えない」

この発言でも私の邪アンテナは働かなかった。
だって・・・夜9時のドラマだし・・・・日本製だし・・・・


しかし、まさか、あんな結末とは・・・。

私、一人、テレビの前で叫びそうになったわw




その第18話を永久保存版にしたかったんだけど、ビデオ録っておらず
いつか再放送するかも、なんて期待してたけど、どうせならキレイなDVD
の方がいいや、と思ってた。

いつか買おう、いつか買おうと思ってたら何年も過ぎてしまった。

しかも、第18話は単品では売られていない。

しかたなしにDVD BOXを買う羽目になったが、シーズン2のBOXは
前半と後半に分かれてたから、買うのは後半だけで済んだ(^o^;)。



買っただけで肝心の第18話まだ観てないわ。
家族がいないときに一人で観なきゃな・・・。
NC-17じゃないけど、観てるときの私のリアクションを見られたくないw

ようやく手に入れた ::yaoi alert::

長年(大げさw)見てみたいと思っていた海外版同人誌。

手に入れたぜっ

StargateのFanfictionだ。Ancient's Gateってサイトのやつ。
20130126.png ←表紙の一部


ちょっと苦労してPayPalアカウントを作ったおかげよ。( ̄ー+ ̄)


紙媒体じゃなくてダウンロード版なの。
紙版やCD版もあったけど、海外だしね・・・。
ダウンロードの方が安上がりなのよ。



かつて私が手に入れた同人誌は「おぢろう組」の数冊だけ。
いや、魔木子著のガッチャマンが一冊あったわ。

同人誌は買わない派なんだけど、海外のものってどんなのか
とっても興味津々だったの。


今日ダウンロードしたのはStargate SG-1のJackとDanielの
Slash(←ボーイズラブのことよ)。

イメコラも少々あって、とても素敵な感じ♪

だが・・・

読むのは大変。
全部英語だから。(あたりまえw)
270ページ(@_@;)

プリントアウトした方がいいかしら。。。。
いや、大量すぎるわ・・・


ま、とりあえず、どんなものか分かって良かったわ(o⌒∇⌒o)

Sherlock ::yaoi alert::

BBC製作の現代版シャーロック・ホームズドラマ『Sherlock

ITを駆使しながら事件を解決するらしいと聞いて、面白いの
かな~、などと懐疑的ながらも気になった。

録画しててずーっと見てなかったんだけど、この休みで
ようやく見ることができた。



萌え・・・た・・・・。


sherlock2.jpg sherlock3.jpg
sherlock4.jpg Sherlock5.jpg


昔放送されてたドラマ(ジェレミー・ブレッドのやつ)とか原作において、
腐女子たちは「シャーロック受・ワトソン攻」が主であったが、
私は「シャーロック受け」を好きではなかった。

なので、よこしまシャーロキアンにはなれなかった。


だが、この現代版シャーロックは私の心にズギュンときてしまった


といっても、「ワトソン受」でw



ワトソンに萌えたの~






もひとつ、心躍ったのはレストレード警部役の人。
ルパート・グレイブス(Rupert Graves)

すっごく好きだったの~!

『眺めのいい部屋(A Room with a View)』って映画が好きだった。
このときは可愛かったのよ~、彼。

シャーロックでは、かなりオジサンになってたけど、また見れて
良かったわ
   Lestrade.jpg

意外と少ない Mac/Flack

先日、Fanfic熱が再燃してから探してみた。


"CSI NY"

"Flack"

"Charge of this Post"(シーズン2最終話)


見つかったりはするんだけど、Het(所謂男女関係)
だったりするんだよねー。それはいらん。

少なくともFriendshipだな。
できればSlash。"Mac/Flack"。



そして驚くべき(?)ことに、Flack受けがあんまりない!

さらに、Danny/FlackのFanficが多いことに驚いた。
もちろん私の中のFlackは『受け』、そしてDannyも『受け』だから。
Dannyって、なんかStargate SG-1のDanielとかぶるんだもん(〃∇〃)

DannyMesser.jpg

  Danny



Daniel  daniel-jackson.jpg




年下攻めも好きだけど、Flackはやっぱり『受け』だよなー。



まだ探しが足らないんだろうな。。。

Fanfic熱再び :: yaoi alert ::

すっごく久しぶりに妄想炸裂♪

Fanfic熱が再び

これまでいろんなCSI(米国の刑事ドラマ)を見てても食指は
動かなかったというのに、まだ見てなかった初期シーズンの
CSI NY見てアンテナに引っかかった。



CSI NY の第二シーズン最終話で、まず、私の治まっていた
Hurt/Comfort好きが再燃した。

そんで、彼のルックスも悪くはなかった。

他の男性陣のルックスも悪くはなかった。

妄想がむくむく・・・。



探すで~、Fanfiction~

って感じでネットサーフィンしてたら、それなりにCSIのFanficあるじゃん!
おっとSlashもある!

いや~ん♪ はまっちゃう~ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃



はっ!

違う!こんなことしてる場合じゃない!!

年賀状!!!!

古の腐女子悩殺

かつてDuran Duranのファンでもあった。

ご多聞にもれずジョン・テイラーの美貌にメロメロだった。

最近見つけた動画が私を悩殺・・・(特に後半)



曲は「Last Chance On The Stairway」のライブバージョン。
このライブバージョンはあんまり良くないと思うのだが、この曲自体は
大大大好きなのよ
Rioってアルバム(もちろんLPレコードw)に入ってて、当時は繰り返し
聞いたものさ・・・(  ̄  ̄)

なぜかデビットボーイの「Boys Keep Swinging」がその後に入ってる。
歌ってるのはDuran Duranみたいだけど。


サイモン・ル・ボンは好きじゃなかったので、当時はこのツーショットで
萌えはしなかったが、今見るとKnock out(w

出てきた本

空きスペースを作るべく、部屋でゴソゴソしてたら出てきた。


IMG_0945.jpg


耽美とか退廃とかが溢れてる古きよきJUNEちっくな内容のBLコミック。

捨てるべきか悩みながら読み始めてしまった。

そして時間が過ぎて空きスペースはあまりできなかった・・・。

他の出版社から出てたんだ!

シャルル&ハルキシリーズを見なくなって久しかった。

でも先日、偶然にも、今までの出版社とは違うところから
販売されてるのを発見。

ハワイアンパラ

なんか、挿絵書いてる人が今までと違う・・・・
複雑な気分だ。。。。

ま、いっか!
早速アマゾンで購入だ!

久しぶりに訪れたslashサイトが廃れてた・・・

久しぶりにstargateのslashサイトを訪れてみたら廃れてた・・・(´・ω・`)

当たり前か。
stargateなんて、ずーっと昔に終わってるもんね。
X-filesはもはや古典か、って感じだものね。

今、何が栄えてるのかなー。

心うるおうslashが読みたいわ~

昔から疑ってたよw

「セサミストリート」バートとアーニーはゲイではありません!製作会社が異例の公式発表

ってな記事を見つけた。


正直、わざわざ言うなんてガッカリ。。。。

腐女子には昔から怪しいと言われてた。
それを楽しんでたんだからー。


今頃、わざわざ、宣言せんでもええのになぁ・・・。

最終巻じゃなかったみたい

『青猫探偵』、第6巻は最終巻じゃなさそう。

全6巻とは書いて無くって、①~⑥巻って書いてあった。

勘違いだったみたい。



ってことは、次の巻が出るまでまた待ちぼうけさせられるんだろうか・・・
きっとそうだな。。。。

青猫探偵の6巻が!!!!

ふらっと寄った本屋で青猫探偵(花音コミックス、本仁戻著)の6巻目を発見!
━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!


何年待ったことか・・・・( ̄- ̄)

もう出ないと諦めかけていたのよ。
『左目の幻』のように・・・。


浮かれながら買って帰って読んだら、ちょっとがっかりした。
最終話だというけど、なんかそんな感じしなかった。
感動がなかった。

期待しすぎたのかな・・・(´・ω・`)

残念感が強すぎてモヤモヤするわ

 | HOME |  »

プロフィール

guinch

Author:guinch
血液型B型の大阪人

プチ・オタク

三十代半ば、腸の難病(潰瘍性大腸炎)と宣告されて頭ん中真っ白に。。。
その一年半後に乳に悪性腫瘍(乳がん)発見。。。やんなっちゃうわっ

タイトルに yaoi alert とある場合は同性愛について触れているのでご注意を。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

 *
Quickvoter

Q.夏がキライ?

 キライ( ̄д ̄;)
 スキ♪ (n‘∀‘)η


-view results-

by pentacom.jp

 *